フォト

セイント2郎のリンク

アクセス

  • 建物全景
    セイントマザークリニック周辺の写真です。ご来院の際にご参考いただけますと幸いです。

建築中

  • 201210
    クリニック建築の途中経過です

« 本日の院内昼食 | トップページ | 本日の病院昼食 »

2013年7月 4日 (木)

HPVワクチンの接種について

子宮頸がんの予防として

HPVワクチンの接種がすすめられてきましたが、

先月、厚生労働省は「積極的推奨はしない」と

発表して波紋が広がっています。



HPVワクチン接種後の

慢性疼痛症候群などの様な症状で

お苦しみの方がたにおかれましては、謹んで

お見舞い申し上げます。



国内外の報告では

HPVワクチン接種による有害反応は、

ほかのワクチンの頻度から大きく逸脱して

高くはない、とされています。



それでも

ご心配の方々は多いと存じます。


現時点での

産婦人科医としての私の見解は以下の通りです。



①報道で伝えられている有害反応とHPVワクチン
 接種の因果関係はまだはっきりしない。
 次の発表があるまで、原則的に接種は
 一旦様子見る。

②すでに3回接種が終了し、特に症状がない方は
 今後の有害反応が発生する心配はありません。

③1回または2回接種終了された方は
 次の発表があるまで次回の接種を控える。
 (原則6か月以内の接種が望ましいが、3回行うなら
 効果は十分ある。)


Zk_3


拙兄(@埼玉)のHPをご参照ください

→→「HPVワクチン接種について」
http://www.satoclinic.jp/information/vaccine/



当院では

今後の報道や研究報告などに細心の注意を払って

皆さまへお知らせいたして参ります。

(゚ー゚)

« 本日の院内昼食 | トップページ | 本日の病院昼食 »

婦人科トピックス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HPVワクチンの接種について:

« 本日の院内昼食 | トップページ | 本日の病院昼食 »